ポータブル電源の容量「mAh」と「Wh」とは?

スポンサーリンク

 

ポータブル電源の容量「mAh」と「Wh」について

ポータブル電源などバッテリー製品を選ぶ時に外せないポイントの容量について書いています。
まずはmAhとWhの違いを学びましょう。

mAh

「ミリアンペア アワー」といい、Ahであれば「アンペア アワー」になり、
放電容量という名称です。放電容量:Wikipedia
簡単に言うと「~~Aの電流を1時間流せる」という意味で、
「mAh」であれば「m」を変換すれば問題ありません。例)10000mAh→10Ah

Wh

「ワットアワー」とよび、「電力量」という名称です。電力量:Wikipedia
現実の製品では様々な電圧のものがあり、同じmAH(放電容量)でも電圧(V)によってWh(電力量)が変化します。

Q.【モバイルバッテリー】mAhの数字が大きいほうが充電できる量は多いのですか?
mAh(ミリアンペアアワー)というのは、バッテリーの容量を表しています。
数が大きいほど、バッテリーにためる電気の量が大きく、一度に充電できる量が多くなります。
ただし、バッテリーの電圧(V)が違うと単純に比較はできません。以下の詳細を参照ください。
※エレコムでは容量は3.7V換算で統一しております。(2014年10月現在)
【詳細】
モバイルバッテリー内に使用しているリチウムイオン電池の種類によって、電圧は3.7Vと7.4Vとがあります。
(リチウムイオン電池は1本の出力が3.7Vで、2本直列にしたものは7.4Vです。)
7.4V○○○○mAh(バッテリー容量)という記載は、3.7Vで換算すると2倍の値になります。
例:
 (a) 3.7V/5200mAhのバッテリー
 (b) 7.4V/3050mAhのバッテリー →3.7Vで換算すると6100mAh
   →(b)のほうが、実際はバッテリー容量が大きいということになります。
引用:ELECOM公式サイト 製品Q&Aより

このように、電圧の差で変わっていくことを理解しましょう。

頻繁に飛行機を利用する方はお馴染みですが、
バッテリー製品の機内持ち込み可否ラインの表現はこちらの「Wh」になっています。
主に国内線では以下の基準がよく使われています。

100Wh未満:持ち込み可
100Wh〜160Wh:持ち込み可(最大2個まで)

国際線ではもっと厳しくなるところもあるので覚えておくと◎です。
※詳細は各航空会社で調べてください。

電圧の差って?リチウムイオン電池やリチウムポリマー電池で違う?

こちらは電池の種類によって違います。
リン酸鉄リチウム電池なども違ってきますので狙っているポータブル電源がその電池を採用しているか、
などもしっかりと見たいですね。

変換・計算方法

mah↔Ahに変換する方法についてです。
[Wh] = [Ah] × [V 電圧] が計算式になります。
バッテリーの電圧によって変わってしまうため、単純に比較できないですが、
mAhの数字だけに囚われずちゃんと計算しましょう。
これはポータブル電源の電圧に限らず、モバイルバッテリー等にもいえることです。

まとめ

 

タイトルとURLをコピーしました