Anker PowerHouse200 ポータブル電源 仕様・製品情報、口コミ

Ankerとは


Ankerは米google出身の数名から創設されたブランドで、現在はオーディオやスマートホームデバイスなど多方面で展開しているハードウェアメーカーです。
最近はプロジェクターやロボット掃除機といったスマートホームデバイスの開発にも力をいれており、今後も期待ができるメーカーです。

Anker PowerHouse200 製品仕様

Anker PowerHouseの仕様・製品情報

容量 213Wh / 57600mAh 正弦波
サイズ 約190×138×118mm
重量 約2.7kg
サイクル回数 不明
電池の種類 不明
入力 【DCアダプター】5-22V=2.45A【PD入力】5V=3A、9V=3A、15V=3A、20V=3A
出力 【DC(シガーソケット)出力】12V=5A 【PD出力】5V=3A、9V=3A、15V=2A、20V=1.5A【AC出力】110V~60Hz, 0.91A, 100W【USB-A出力】5V = 3A(各ポート最大3A)
充電時間 不明

口コミ

販売サイトでの口コミを抜粋です。

容量の割にけっこう大きいという感じはありますが、操作や表示が分かりやすく、期待通り使えました。またしっかりした作りなので、安心感があります。(Amazon)

商品の性能は申し分ない。ちょっとしたレジャーや緊急時の防災用品として、必要な機能は備えている。(Amazon)

ソーラーパネル9面あり畳み式と合わせてバッテリーを購入。晴天に2時間試しましたが、充電どころか%の数値が減りました。(Amazon)

アウトドア 非常用電源として購入です。デザイン、機能共に満足いく商品でした。(楽天)

モバイルバッテリー、ワイヤレスイヤホンなど洗練されたデザインが評価されているAnkerですが、ポータブル電源にも同様の評価がされています。

まとめ

スペック、口コミからの評価は以下の通りです。
・表示や操作性に優れたポータブル電源が欲しい方
・Ankerデザイン(シンプル)が好きな方

実際の商品レビューはページ完成後にリンク作成